ウクライナ側2万人以上「戦闘不能」 露がリスト公表

タス通信によると、ロシア国防省は18日、2月のウクライナへの侵攻以来、死亡したり捕虜になったりして戦闘不能になったウクライナ軍関係者のリストを公表した。リストに記載された人数は不明だが、同省関係者はこれまで計2万3367人が戦闘不能になったと主張、リストを公表すると述べていた。

リストにはウクライナ軍と関係部隊、外国人雇い兵らのうち、戦死者や負傷者などの氏名や階級、生年月日がウクライナ語で書かれている。行方不明者や脱走者も含まれているという。

ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は今月16日、信頼できる情報だとしてリストの公表を約束。自軍の死者数を「2500~3000人」と主張するゼレンスキー大統領の発言を「国民に犠牲の大きさを知られるのを恐れて噓をついている」と批判していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細