プーチン氏「勝っていると思っている」とオーストリア首相

ロシアのプーチン大統領=14日、モスクワ郊外の大統領公邸(ロシア大統領府提供・AP)
ロシアのプーチン大統領=14日、モスクワ郊外の大統領公邸(ロシア大統領府提供・AP)

オーストリアのネハンマー首相は17日放映の米NBCテレビの番組で、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻の現状について「戦争に勝っていると思っている」と述べた。11日にモスクワで行ったプーチン氏との会談を踏まえ、同氏が侵攻を正当化する「独自の戦争論理」に浸っていると分析した。

ネハンマー氏は、プーチン氏が「戦争はロシアの安全保障のために必要だと考え、国際社会を信用していない」と指摘。会談ではロシア軍による「戦争犯罪」の問題などを取り上げたものの、プーチン氏は欧米に対する不信感をあらわにし「率直で厳しいものだった」と強調した。

会談の最後にプーチン氏がドイツ語で「戦争が早く終わるのに越したことはない」と話したとも説明した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細