現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

死亡率10%シベリア抑留者が聴いた調べ ラッパ付きバイオリンを再現

再現されたラッパ付きバイオリンについて説明する森谷理紗氏=京都府舞鶴市
再現されたラッパ付きバイオリンについて説明する森谷理紗氏=京都府舞鶴市

第二次大戦後にシベリアで抑留された日本人が、現地のシラカバなど限られた材料を駆使して制作した「ラッパ付きバイオリン」が昨年末、研究者らによって再現された。ラッパ付きである理由は、バイオリンの音色をより遠くに響かせ、過酷で劣悪な環境の中で働く抑留者を一人でも多く癒やすためだったとみられる。ロシアに残る写真や文献、抑留者の手記や証言などをもとに令和の時代によみがえったバイオリンの切なく美しい音色は、動画サイト「ユーチューブ」で公開されている。

第二次大戦後、日本人約60万人が旧ソ連に抑留され、「極寒」「飢餓」「重労働」の三重苦の過酷な生活を強いられた。このうち5万8千人以上が死亡したとされる。

「生死の間にあった人々を癒やすため、音楽は収容所生活に欠かせなかった」と、ラッパ付きバイオリンの再現を企画・監修した桜美林大学非常勤講師、森谷(もりや)理紗氏は話す。

ランキング

  1. 精米所にハト、JA北河内がおわび

  2. 【小林繁伝】「クリーンな野球」掲げた長嶋、川上との亀裂 虎番疾風録其の四(51)

  3. 元KAT―TUNの男保釈 覚醒剤使用罪で追起訴

  4. 「交際迫った」女性切りつけ逃走、55歳男の顔写真公開 大阪府警

  5. 岡山の寺に眠る「人魚ミイラ」 科学の力で正体に迫る

  6. ゴキブリ食べさせ「ストレスのはけ口」に、実刑の元少年

  7. 【小林繁伝】長嶋監督「90番」を決めた息子一茂の言葉 虎番疾風録其の四(50)

  8. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  9. JAの精米工場にハトとフン 大阪・守口市などが給食納入を中止

  10. 【弁護士会 「左傾」の要因(2)】「色に染まった」委員会が主導する政治的声明 「反対できない」単位会元会長が吐露

会員限定記事