佐々木朗快投に米も驚嘆 沢村喜び、筒香は継投理解

【プロ野球ロッテ対日本ハム】先発のロッテ・佐々木朗希=17日、ZOZOマリンスタジアム(田村亮介撮影)
【プロ野球ロッテ対日本ハム】先発のロッテ・佐々木朗希=17日、ZOZOマリンスタジアム(田村亮介撮影)

プロ野球ロッテの佐々木朗希投手が完全試合に続き17日の登板でも8回を完璧に抑えた快投に、米大リーグの日本選手からも称賛の声が上がった。レッドソックスの沢村拓一投手は17日、「誰もが持てるわけではない才能を持っている。なおかつ努力している」とロッテ時代の後輩の活躍を喜んだ。

8回で降板して2試合連続完全試合という偉業はならず、一部ファンからは落胆する声も上がった。パイレーツの筒香嘉智内野手は「チームと佐々木君の将来を考えて、勇気ある決断をされたのだと思う」と交代させたロッテの井口資仁監督の采配に理解を示した。

スポーツ専門局ESPNは主要ニュースの一つに位置付け「日本の投げる天才、佐々木朗希が連続パーフェクトを17イニングに伸ばした」と報じた。ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は「(八回2死からの)最後の三振を163キロの速球で仕留めた」と20歳の底知れぬ体力に驚嘆した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細