「ポップコーンは1粒ずつ…」元NMBの白間美瑠が弟の太陽に注意

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している元NMB48の白間美瑠
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している元NMB48の白間美瑠

4月15日(金)、元NMB48の白間美瑠がラジオ番組『サクラバシ919』に出演。弟でタレントの白間太陽に「ポップコーンの食べ方」を注意したと語った。

同番組の金曜日パーソナリティーを務めている白間は「ポップコーンがめっちゃ大好き!」と告白。映画館に行ったときは「キャラメルポップコーンのLサイズ、塩のポップコーンのMサイズ、チュロス、アイスクレープ、ポテト、チキン」をすべてひとりで平らげると明かした。

映画館で周囲に気づかれたくないという思いはあるというが、それだけの量のフードを持っていると自然と注目の的になってしまうそう。

また「いっつも予告(上映)中に食べ終わっちゃう」という衝撃の発言が飛び出したものの、そのぶん「映画(本編)はしっかり集中して見られる」と話した。

テーマパークでも10袋以上食べるほど、無類のポップコーン好きだという白間だが、以前、弟である白間太陽のポップコーンの食べ方を注意したこともあるのだとか。

一緒に映画館に行った際、太陽は一度に片手で大量のポップコーンをすくって食べていたとのこと。それを見た白間は、ポップコーンが手からこぼれ落ちるのに嫌悪感を覚え、「その食べ方やめや。もし彼女とデートしてふたりで1つのポップコーンを食べるとき、絶対嫌われる」と諭したという。

さらに白間は「やっぱりポップコーンは1粒ずつとって食べるのがいい」と、ポップコーンのキレイな食べ方についても伝授した。

ゆでたまごを歯で割る

番組で数々の仰天エピソードを明かしている白間は「ハチがめっちゃ苦手」と自身の弱点についても告白。

ラジオ番組『サクラバシ919』の金曜パーソナリティーを務めている元NMB48の白間美瑠
ラジオ番組『サクラバシ919』の金曜パーソナリティーを務めている元NMB48の白間美瑠

じつは小学生時代にハチに顔を刺されてしまったという白間。「刺された翌日にハチの針を取らなければ死ぬ」「ハチに2回刺されたら死ぬ」などの都市伝説におびえながら過ごしていたようで、「ハチにあと1回刺されたら死ぬんですよ。ハチはめっちゃ警戒している」と危惧しているとのこと。

また、「ゆでたまごは歯で割る」とまさかの告白も。

「新幹線に乗っていて、(ゆでたまごを)割るところがなくて…。歯で割ったら、メンバーに『どこで割ってんねん』って、つっこまれた」と驚きのエピソードも披露した。(ラジオ大阪)


会員限定記事会員サービス詳細