体長2メートルのヘビ「ボールパイソン」逃走 岡山・倉敷

逃走したニシキヘビの一種「ボールパイソン」(岡山県警提供)
逃走したニシキヘビの一種「ボールパイソン」(岡山県警提供)

岡山県倉敷市福田町古新田のアパート駐車場で、ニシキヘビの一種「ボールパイソン」(体長約2メートル、重さ約2キロ)が車から逃げたことが分かった。ペットとして飼われていたもので、岡山県警水島署が捜索している。毒はなく、比較的おとなしい種類だが、かみつく可能性があるとして、警戒を呼びかけている。

署によると、飼い主は仕事で不在の間、ヘビを知人宅に預けていた。15日に車で引き取り、自宅のあるアパートの駐車場で荷物の搬入をしていた15日午後10時ごろに車から逃げた。飼い主は周辺を捜索したが見つからず、17日午後3時50分ごろ、署に通報した。ボールパイソンは飼育許可は必要ない種類という。

「近づかずに」 民家からイグアナ逃げる

体長1メートルのトカゲ逃走 アパートで放し飼い

会員限定記事会員サービス詳細