官房長官、G7サミット開催地「6月末までに判断」

記者会見する松野官房長官=18日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=18日午前、首相官邸

松野博一官房長官は18日の記者会見で、令和5年に日本で行う先進7カ国首脳会議(G7サミット)の開催地について「6月末のドイツサミットまでには政府として判断したい」と語った。

開催地をめぐっては、政府が岸田文雄首相の地元・広島市で開催する方向で調整している。福岡、名古屋両市も名乗りを上げている。

松野氏は現在の検討状況に関し「全ての候補地について、あらゆる観点から総合的に検討している」と述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細