現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月18日

米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部=2021年11月
米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部=2021年11月


外交評論家の岡本行夫さんがコロナ禍により74歳で亡くなってから、まもなく2年になる。外交官時代はもちろん退官後も多忙を極めた岡本さんの趣味は、外務省研修生の頃から始めたスキューバダイビングだった。

▼昨年刊行された小説『ハンスとジョージ』の舞台は、カイロの日本大使館勤務時代に通い詰めた紅海である。岡本さんが撮影した海中写真も収録されている。年老いたダイバーのハンスと巨大なナポレオンフィッシュのジョージとの触れ合いを描きながら、美しい海を破壊する人間の横暴を批判していた。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  2. 【主張】政治と旧統一教会 疑惑の教団と一線を画せ

  3. 【正論】この夏に思う 終戦詔書の叡慮に応へた安倍氏 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  4. 【産経抄】8月12日

  5. 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(13)歌には「抗日」も「親日」もない 「鳳仙花」歌う加藤登紀子

  6. 【直球&曲球】野口健 「自分の国は自分で守る」覚悟と行動

  7. 【朝晴れエッセー】90歳を過ぎても・8月12日

  8. 【スポーツ茶論】2002年W杯で世界が驚愕 日本人の「おもてなし」は国際常識になった 別府育郎

  9. 【主張】男女の賃金格差 公表通し働く環境整備を

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事