現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「技術狙う中国」への危うい備え 明星大学教授・細川昌彦

明星大学教授・細川昌彦氏
明星大学教授・細川昌彦氏

ロシアによるウクライナ侵攻に世界の耳目が集まる中、「冷戦後の秩序」の終焉(しゅうえん)をにらんで手を打つのが中国だ。

「原材料、重要部品などでリーディングカンパニーによる産業チェーンの安全・安定を守る」

3月上旬、中国が全国人民代表大会で発表した報告の一節だ。メディアが見落としている重要な産業戦略で、日本も無警戒ではいけない。中国が戦略産業の国産化に躍起になっていることは本欄でも指摘した(昨年12月21日付)。ロシアに対するかつてない厳しい禁輸は中国の戦略を一層加速させている。単なる一時的な制裁にとどまらず、中露に対抗する新たな国際秩序への一歩となる可能性もあるからだ。

ランキング

  1. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  2. 【産経抄】5月20日

  3. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  4. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  5. 【正論】「令和臨調」が挑む日本の課題 キッコーマン名誉会長、日本生産性本部会長・茂木友三郎

  6. 【主張】全世代型社会保障 画餅とせず具体的工程を

  7. 【産経抄】5月19日

  8. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  9. 【正論】食の確保こそ安全保障の要諦だ 日本財団会長・笹川陽平

  10. 【国語逍遥(93)】創作漢字 「バーチャル」を漢字一文字にするならば… 清湖口敏

会員限定記事