プロ野球、後遺症調査へ 新型コロナ、Jでは十数%

日本野球機構(NPB)と12球団は18日、臨時の代表者会議をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染から復帰した選手に、後遺症についてのアンケートを実施することを決めた。今後10日間をめどに、各球団で症状や期間などを調査する。

NPBの井原敦事務局長は「結果を持って専門家の先生の意見を聞きたい。どう対応すればいいか、方法などを(選手に)示していきたい」と話した。

代表者会議に先立って行われたサッカーJリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」のオンライン記者会見では、Jリーグの野々村芳和チェアマンが調査結果を公表。「後遺症があったのは(感染者の)十数%。重たい例は今のところ聞いていない」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細