小型機不時着か1人死亡 佐賀・有明海、1人重体

18日午後3時50分ごろ、佐賀県沖の有明海北部で、小型機1機がレーダーから消えたと自衛隊から海上保安庁に連絡があった。不時着した可能性があり、海保の巡視艇などが午後6時~同20分ごろにかけ、乗員とみられる3人を発見、救助した。海保や佐賀広域消防局によると、3人はいずれも男性で、80代の1人が死亡。搬送時、別の80代の1人が意識不明の重体、残る60代1人は意識があったという。

三池海上保安部(福岡県大牟田市)などによると、3人はいずれも佐賀市内の病院に搬送された。小型機は3人が搭乗し、熊本県阿蘇市にある場外離着陸場を飛び立ったとみられる。機体は見つかっていない。同保安部は墜落の可能性も含め、当時の状況を調べる。

3人が見つかったのは大牟田市にある三池港の西約10キロの有明海。

会員限定記事会員サービス詳細