5歳園児、植え込みから園外出たか 広島の川で死亡

男児が発見された太田川放水路の川岸=18日午前、広島市
男児が発見された太田川放水路の川岸=18日午前、広島市

広島市西区の市立保育園で16日の保育中にいなくなり、近くの川で見つかり死亡した男児(5)が、保育園の植え込みの隙間から1人で外に出た可能性の高いことが18日、捜査関係者への取材で分かった。広島県警は、事件性は薄いとみている。

捜査関係者によると、園の3カ所の門には、男児が出た形跡はなかった。園や周辺の防犯カメラに男児が1人で写っているが、不審な人物は確認できなかったという。

16日午後0時半ごろ、園関係者から「姿が見えなくなった」と110番があった。同午後2時40分ごろ、西区小河内町の太田川放水路の川岸で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

市によると、16日は0~5歳の園児34人が登園し、保育士8人が勤務していた。園庭での保育中に男児の姿が見えなくなったという。

広島の5歳男児、死因は溺死 1人で土手下りる姿

会員限定記事会員サービス詳細