湘南執念の初勝利…山本が流血のヘディング決勝ゴール

G大阪に勝利し、喜ぶ湘南・山本(右)ら=パナスタ
G大阪に勝利し、喜ぶ湘南・山本(右)ら=パナスタ

試合前の時点でJ1の最下位に沈んでいた湘南がリーグ戦9試合目で、執念の今季初勝利を挙げた。17日にアウェーのパナソニックスタジアムで行われたG大阪戦。試合終了間際に36歳のベテランDF、山本が右クロスをヘディングでG大阪ゴールに突き刺し、1-0で逃げ切った。この日が44歳の誕生日の山口智監督は古巣相手に念願の白星を挙げ、「勝ちたいという思いもつながっての1点だと思う。シュートも素晴らしかった」と最高の誕生日プレゼントを贈ってくれた選手たちをたたえた。

立ち上がりから両チームとも相手守備網を崩せない状態が続いたが、運動量に勝る湘南が徐々に試合の主導権を握る時間が増えた。押し込みながら得点を奪えず、引き分け濃厚な雰囲気が漂う中、後半45分、相手ボールを奪ったところから、するすると前線へ上がったのが3バックの右で守備に奮闘してきた山本だった。中央から右サイドに展開したボールを石原が絶妙なクロス。ゴール前に猛然と走り込んだ山本が頭で合わせた。その勢いのまま、山本はG大阪の三浦と衝突して出血。短時間ながら意識を失って担架で運び出され、左目の上を数針縫う裂傷を負った。

頭部に包帯を巻いてミックスゾーンに現れた殊勲の山本は「シュートを打った瞬間から後は(しばらく)覚えていない」といい「点を取りにいく姿勢は見せられたと思う。チームのために点を取り、それを勝利に結びつけていかないといけない。(今季初勝利をきっかけに)これから切り替えてやっていきたい」ときっぱり。「常にぶれずに、やってきたことを誠実にできる選手」と山本をたたえた山口監督はロッカー室で選手らから手荒な祝福も受けたことをうれしそうに明かし、「次に向かってスタートを切れると思う」と力を込めた。(北川信行)

会員限定記事会員サービス詳細