トヨタ自動車が2連覇 バスケWリーグ決勝第2戦

富士通―トヨタ自動車 第2クオーター、競り合う富士通・篠崎(左)とトヨタ自動車・馬瓜ス=東京・国立代々木競技場
富士通―トヨタ自動車 第2クオーター、競り合う富士通・篠崎(左)とトヨタ自動車・馬瓜ス=東京・国立代々木競技場

バスケットボール女子Wリーグのプレーオフは17日、東京・国立代々木競技場で2戦先勝方式の決勝第2戦が行われ、レギュラーシーズン2位のトヨタ自動車が同5位の富士通を87―71で下して2連勝とし、2季連続2度目の優勝を果たした。

トヨタ自動車はシラや馬瓜スらのリバウンドからリズムをつくって得点を重ね、前半を43―29とリードして折り返し。後半も守備の強度を落とさずに押し切った。富士通は14季ぶりの優勝はならなかった。

会員限定記事会員サービス詳細