阪神3連勝ならず またチャンスで一本出ず

【巨人-阪神】五回、外野フライに倒れて悔しがる阪神の佐藤輝=4月17日、甲子園(水島啓輔撮影)
【巨人-阪神】五回、外野フライに倒れて悔しがる阪神の佐藤輝=4月17日、甲子園(水島啓輔撮影)

阪神は巨人を上回る8安打を放ちながら得点は二回の糸井の先制ソロによる1点に終わり、今季初の3連勝を逃した。17日に甲子園球場で行われた伝統の一戦。得点機を作りながら、あと一本が出ないのはチームの大きな課題だ。

三回2死一、二塁では大山が初球を打って三ゴロ。五回2死二塁では佐藤輝が2球目を打って左飛。制球がばらつき気味だった巨人の新人赤星に対して早いカウントから凡打し、相手を助ける形となった。矢野監督は「早い回で流れを作るためには、相手を追い込んでから球数を投げさせることも地味だけど必要」と意識の改善を求めた。

本塁打を含む3安打と気を吐いた糸井は「勝ちに飢えている。本当に悔しいし、やっぱり勝たなあかん。勝ちにつながる一本を打てるようにまた頑張る」と前を向いた。(上阪正人)

会員限定記事会員サービス詳細