藤井聡太五冠は「人間将棋」も強し 武者姿で勝利

3年ぶりに開催された人間将棋、対局を行う藤井聡太五冠=17日午後、山形県天童市(鴨志田拓海撮影)
3年ぶりに開催された人間将棋、対局を行う藤井聡太五冠=17日午後、山形県天童市(鴨志田拓海撮影)

「将棋駒」の一大産地として知られる山形県天童市で17日、甲冑(かっちゅう)や着物をまとった人を駒に見立てる「人間将棋」が行われた。新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催となり、満開の桜の下で繰り広げられた対局には、最年少五冠の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将=が武者姿で登場し、佐々木大地六段(26)に勝利を収めた。

「いざ尋常に勝負」。藤井五冠の発声でスタートした対局は、舞鶴山山頂にある約15メートル四方の大きな〝将棋盤〟で行われ、棋士の指示で甲冑をまとった「駒武者」が動き回った。武者言葉で会話しながら駒を全て動かさなければならない特別ルールがあり、両者が指し手を語った最後に「ござる」をつけると、観客たちから拍手が起こっていた。

対局は130手で藤井五冠に軍配が上がった。藤井五冠は「(武将になるため)最初は不安があったが、(解説の)木村一基九段に『ござる』をつければよいといわれ、吹っ切れて指せた」と話した。

人間将棋は2日間の日程で、17日が最終日。感染対策で観客数を制限しており17日の定員660人に対し、全国から1万1714人の応募があった。

3年ぶりに開催された人間将棋、藤井聡太五冠(右)と佐々木大地六段の対局が行われた=17日午後、山形県天童市(鴨志田拓海撮影)
3年ぶりに開催された人間将棋、藤井聡太五冠(右)と佐々木大地六段の対局が行われた=17日午後、山形県天童市(鴨志田拓海撮影)


会員限定記事会員サービス詳細