酒気帯び容疑で米兵逮捕 沖縄県警

米海兵隊キャンプ・ハンセン=沖縄県金武町
米海兵隊キャンプ・ハンセン=沖縄県金武町

沖縄県警石川署は16日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)所属の海兵隊3等軍曹ヘンリー・カウチ容疑者(24)を現行犯逮捕した。「酒は抜けたと思った」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は16日午後8時55分ごろ、金武町金武の道路で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

署によると、「酒を飲んでいる米国人が車を運転しようとしている」と110番があった。署員が走行中の乗用車を見つけ、呼気から基準値の約2倍超のアルコールを検出した。

会員限定記事会員サービス詳細