玉木氏、トリガーないなら3党協議「離脱も」

国民民主党の玉木雄一郎代表(矢島康弘撮影)
国民民主党の玉木雄一郎代表(矢島康弘撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は17日のフジテレビ番組で、ガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」凍結解除をめぐる自民、公明両党との3党協議について「トリガーを全くしないという話なら、協議から離脱する」と述べた。燃油価格高騰対策に関し、トリガー条項発動を当面先送りする方向で調整する政府、与党を牽制(けんせい)する狙いがある。

玉木氏は、トリガー条項発動に石油元売り各社への補助金支給を組み合わせて実施すべきだと強調した上で「時間がかかるのは一定程度認めるが、トリガーを全くしないで終わりとなれば、協議を真摯にしている意味はない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細