19歳壷井が3位、三浦13位 来季は出場2枠に減少

男子で3位に入り、メダルを手にする壷井達也=タリン(共同)
男子で3位に入り、メダルを手にする壷井達也=タリン(共同)

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は16日、タリンで行われ、男子はショートプログラム(SP)5位の壷井達也(神戸大)がフリー3位の154・67点をマークし、合計233・82点で3位に入った。この種目で日本勢の表彰台は20年に続いて2大会連続(昨年は新型コロナウイルス禍で中止)となった。

19歳の壷井は4回転サルコーなどのジャンプを大きなミスなく演じた。SP20位の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)はフリー8位となって合計197・59点で13位、本田ルーカス剛史(木下アカデミー)は196・83点で14位。上位2人の順位合計が「13」以内に届かず、来年は出場2枠に減った。

フリーで3種類4度の4回転ジャンプを着氷したイリア・マリニン(米国)が276・11点で初優勝した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細