冨田2度目V、世界代表へ 柔道女子、朝比奈3位

冨田若春(代表撮影)
冨田若春(代表撮影)

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は17日、世界選手権(10月、タシケント)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜武道館で行われ、昨年世界選手権2位の冨田若春(わかば)がコマツ勢対決となった橋本朱未(あけみ)との決勝で指導3の反則勝ちを収め、2年ぶり2度目の優勝を果たした。世界選手権同級代表にも2年続けて選出された。

25歳の冨田は初戦の2回戦から5試合を勝ち抜き、準決勝で昨年2位の児玉ひかる(東海大)に一本勝ちした。昨年世界女王の朝比奈沙羅(ビッグツリー)は準決勝で橋本に敗れて3位。

昨夏の東京五輪女子代表勢では48キロ級銀メダルの渡名喜風南(となきかぜな)(パーク24)が初戦の2回戦で敗れ、57キロ級3位の芳田司(コマツ)は3回戦敗退。78キロ超級金メダルの素根輝(そねあきら)(パーク24)は負傷のため欠場した。

会員限定記事会員サービス詳細