死亡記者21人のリスト公表 ウクライナ議会

16日、ウクライナ・マリウポリで、戦闘で破壊された建物を眺める地元住民(AP=共同)
16日、ウクライナ・マリウポリで、戦闘で破壊された建物を眺める地元住民(AP=共同)

ウクライナ最高会議(議会)は16日、ロシア軍の侵攻後にウクライナで死亡した記者ら21人の名前を記載したリストを公表した。ウクライナのほか、ロシアや米国のジャーナリスト、リトアニアの映画監督らが含まれる。

最高会議は「情報は武器だ」と強調。死亡した記者は「情報の最前線に立つ兵士として、ウクライナの勝利に多大な貢献を行った」とたたえた。

記者らは激戦地となった首都キーウ(キエフ)近郊や南東部マリウポリで死亡が伝えられた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細