神奈川の男性が滑落、死亡 新潟・越後駒ケ岳

新潟県警本部
新潟県警本部

新潟県警は17日、同県魚沼市の越後駒ケ岳(2003メートル)の標高千メートル付近で、神奈川県伊勢原市の会社員、滝川真弘さん(27)が滑落し、死亡したと発表した。

小出署によると、16日午後6時50分ごろ、下山中だった滝川さんが尾根を歩いていて誤って滑落、同行者が110番通報した。

県警や消防が17日朝から捜索を行い、山中で倒れている滝川さんを発見したが、死亡が確認された。同署が事故の原因と死因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細