米南部の商業施設で銃撃14人負傷 22歳の男逮捕

16日、銃撃事件が起きたショッピングモール=米サウスカロライナ州コロンビア(ゲッティ=共同)
16日、銃撃事件が起きたショッピングモール=米サウスカロライナ州コロンビア(ゲッティ=共同)

米南部サウスカロライナ州コロンビアのショッピングモールで16日、銃撃事件があり、少なくとも9人が撃たれて負傷、他に5人が逃げようとした際にけがをした。米メディアが伝えた。警察は銃の不法所持の疑いで22歳の男を逮捕した。買い物客を無差別に狙った犯行ではなく、特定の人物とのトラブルがあったとみて捜査を進めている。

ショッピングモールは土曜日で多くの買い物客が訪れており、逃げ惑う人々や駆け付けた警察車両で一時騒然となった。

警察によると、73歳の女性が搬送先の病院で治療を受けている。他の負傷者は既に手当てを終えたか、退院の見通しが立っているという。

米国では銃撃が後を絶たず、3日には西部カリフォルニア州サクラメントの繁華街で6人が死亡。12日にはニューヨークの地下鉄車内と駅ホームでも発砲事件があり、撃たれた10人を含む多数が負傷した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細