パトカーから逃走の車がビルに突っ込む、運転の18歳ら2人けが 京都・亀岡

京都府警本部=京都市
京都府警本部=京都市

17日午前2時10分ごろ、京都府亀岡市篠町の国道9号交差点で、京都府警亀岡署のパトカーが信号無視した乗用車を発見。乗用車は北へ約1・5キロ逃走し、同市追分町の3階建て商業ビルの1階に突っ込んで横転、炎上した。この火事で1階の宝石店、2階の美容院の計約280平方メートルを全焼した。

同署によると、乗用車は同市内の男子専門学校生(18)が運転、同市内の職業不詳の男性(19)が同乗していた。2人は病院に運ばれたが、専門学校生が軽傷、男性が胸を打って重傷だが、命に別条はないという。

パトカーは約700メートル追跡したが、乗用車がスピードを出したため、危険と判断して追跡を中止したという。同署は「適正な職務執行だったと考える」としている。

会員限定記事会員サービス詳細