渋野が3打差2位浮上 米女子ゴルフ第3日

第3ラウンド、18番でティーショットを放つ渋野日向子。通算7アンダーで2位=ホアカレイCC(共同)
第3ラウンド、18番でティーショットを放つ渋野日向子。通算7アンダーで2位=ホアカレイCC(共同)

米女子ゴルフのロッテ選手権は15日、ハワイ州エワビーチのホアカレイCC(パー72)で第3ラウンドが行われ、11位から出た渋野日向子は4バーディー、ボギーなしの68と伸ばし、通算7アンダー、209で首位と3打差の2位に浮上した。

キム・ヒョージュ(韓国)が2バーディー、2ボギーの72として通算10アンダーで首位を守り、ブリアナ・ドー(米国)が渋野と並んで2位につけた。

笹生優花は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73で通算4オーバーの56位、古江彩佳は2バーディー、8ボギーの78と崩れ、野村敏京は2バーディー、5ボギーの75で、ともに通算6オーバーで68位だった。

■渋野日向子の話「前半は結構耐えた。危ない場面もあったけど、何とかオールパーでしのいだ分、後半しっかり伸ばすことができたので、すごくうれしい。(最終日は)しっかりいい位置で、笑顔で終えられるように頑張りたい」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細