松坂が前半2種目でトップ 新体操のア大会代表選考会

個人総合前半 フープの演技を終え、笑顔を見せる松坂玲奈=高崎アリーナ
個人総合前半 フープの演技を終え、笑顔を見せる松坂玲奈=高崎アリーナ

新体操の杭州アジア大会などの代表選考会第1日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、個人総合は松坂玲奈(東女体大)が前半のフープ、ボールの2種目合計54・900点で首位に立った。柴山瑠莉子(日女体大)が52・600点で2位。

団体総合は日女体大が前半のフープで29・450点を出してトップ。

個人、団体とも世界選手権代表は出場していない。

会員限定記事会員サービス詳細