北海道の養鶏場鳥インフル 農場エミューも疑い

高病原性とみられる鳥インフルエンザが確認された北海道白老町の養鶏場=16日午前11時(共同通信社ヘリから)
高病原性とみられる鳥インフルエンザが確認された北海道白老町の養鶏場=16日午前11時(共同通信社ヘリから)

北海道は16日、白老町の養鶏場で高病原性とみられる鳥インフルエンザを確認したと発表した。飼育している採卵鶏約52万羽の殺処分を始めた。網走市の農場では大型の鳥エミューからも疑い事案が確認された。

道によると、死んだ個体が増えた双方から15日に通報があり、簡易検査。養鶏場は16日午前に確定検査で陽性が判明した。農場は同日午後に確定検査の結果が出る見通しで、道は対策本部会議を開く。農場ではエミュー約500羽と採卵鶏約100羽を飼育。農林水産省によると、陽性が確認されれば、エミューとしては国内初となる。

道は自衛隊に災害派遣要請し、養鶏場の半径3キロ以内を持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域、3~10キロを搬出制限区域に設定。移動制限区域は2カ所で約20万羽、搬出制限区域は6カ所で約48万羽が飼育されている。約52万羽が殺処分されれば、道内では過去最多となる。

会員限定記事会員サービス詳細