北海道で鳥インフル疑い 白老町と網走市の養鶏場で確認

北海道は16日、網走市と白老町の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されたと発表した。庁内に対策本部指揮室を設置し、同日中に開く対策本部会議で防疫計画などを検討する。

道によると、15日にそれぞれの養鶏場から「死亡する鶏が増えている」と家畜保健衛生所に通報があり、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性が確認された。現在確定検査を行っており、白老町のケースは午前10時ごろ、網走市のケースは午後5時ごろに結果が判明する見通し。

白老町の養鶏場は約52万羽の採卵鶏、網走市の養鶏場ではエミュー約500羽と採卵鶏約100羽をそれぞれ飼育しており、国が感染の疑いがある「疑似患畜」と判定した場合、すべて殺処分となる。

白老町では当該養鶏場の半径10キロ圏内に8農場があり、飼養総数は約68万羽。網走市では10農場で約179万羽を飼養しているが、疑似患畜の判定が出た場合は移動や同区域からの搬出が禁止される。

会員限定記事会員サービス詳細