大谷バット全開 1号、2号 7度目の1試合2本塁打

レンジャーズ戦の5回、この試合2本目となる2号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
レンジャーズ戦の5回、この試合2本目となる2号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は15日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場し、一回の第1打席で今季1号の先頭打者ホームランを放った。さらに五回1死一塁の第3打席では右翼席中段へ2号2ラン。1試合2本塁打は通算7度目。

1本目は一回、メジャー初先発の相手右腕ブッシュの初球、高め96マイル(約153キロ)のフォーシームを捉え、打球は右中間のブルペンに吸い込まれた。飛距離は406フィート(約123メートル)で打球の速度は時速172キロだった。今季初本塁打は開幕から8試合、31打席目で自己最も遅かった。

ようやく出た一発にエンゼルスのベンチも大喜びで、ダイヤモンドを1周して戻ってきた大谷に、カウボーイ・ハットをかぶらせて祝福していた。

2本目は3-6とリードされた五回1死一塁で3番手左腕アラードの2球目、真ん中高めの85マイル(約136キロ)のカットボールを強振、打球は右翼席中段に飛び込んだ。飛距離は415フィート(約126メートル)、打球速度は172キロだった。

2-1とリードの三回1死走者なしの第2打席は、2番手右腕アブレイユに対し見逃し三振だったが、2ストライクと追い込まれた3球目の98マイルのシンカーを流し打ち、打球は左翼ポールのわずかに左側を通過する特大ファウルを放っていた。

会員限定記事会員サービス詳細