封鎖20日 上海、警察当局と住民の衝突も

16日、封鎖されたマンション敷地内でPCR検査を受ける住民ら=中国上海市(共同)
16日、封鎖されたマンション敷地内でPCR検査を受ける住民ら=中国上海市(共同)

新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が続く中国上海市で、3月28日の封鎖開始から4月15日までの新規感染者が約31万4千人に上った。封鎖は16日で20日目。当局の厳しい対応に住民の不満は高まり、警察当局との衝突も起きた。

防護服姿の警察官が住民を引きずり倒し、地面に押さえ付けた―。国有企業が開発したマンションを政府が隔離施設にすると決め、立ち退きを強制された浦東新区の住民らが反発、14日にもみ合いになった場面を撮影したとされる動画だ。

防護服姿で配達に向かうネットスーパーの配達員=15日、中国上海市(新華社=共同)
防護服姿で配達に向かうネットスーパーの配達員=15日、中国上海市(新華社=共同)

動画は交流サイト(SNS)上で拡散したが、すぐに閲覧できなくなった。当局が住民の不満を抑え込むために削除したもようだ。香港メディアによると、当局は隔離施設への変更を断念した。

別の隔離施設とみられる場所で、大勢の人が「外に出たい」と声を合わせて警察官らに怒りをぶつける動画も出回った。(共同)

居住区内を消毒作業する担当者=14日、中国上海市(共同)
居住区内を消毒作業する担当者=14日、中国上海市(共同)
閑散とする上海市内=16日(ロイター)
閑散とする上海市内=16日(ロイター)
閑散とする上海市内の路上に立つ防護服姿の作業員ら=16日(ロイター)
閑散とする上海市内の路上に立つ防護服姿の作業員ら=16日(ロイター)

会員限定記事会員サービス詳細