台風1号、小笠原に最接近 暴風、土砂災害警戒を

気象庁
気象庁

大型で強い台風1号は15日、暴風域を伴いながら日本の南の海上を北上した。昼過ぎにかけて小笠原諸島に最接近する見込みで、気象庁は暴風や高波、土砂災害への厳重な警戒と、低い土地の浸水や河川の増水への注意を呼びかけている。

気象庁によると、小笠原諸島は15日朝には暴風域に入る見込みで、昼過ぎにかけて建物が倒壊するほどの猛烈な風が吹く恐れがある。小笠原で15日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は40メートル(60メートル)、波の高さは12メートル。16日午前6時までの24時間予想雨量は150ミリ。

台風は15日午前7時現在、父島の南南西を時速約35キロで北に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側185キロ以内と西側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

会員限定記事会員サービス詳細