シネマプレビュー

「劇場版 名探偵コナン」ほか3本

映画「劇場版 名探偵コナン ハロウィンの花嫁」ⓒ2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
映画「劇場版 名探偵コナン ハロウィンの花嫁」ⓒ2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

公開中の作品から、文化部映画担当の編集委員がピックアップした「プレビュー」をお届けします。上映予定は予告なく変更される場合があります。最新の上映予定は各映画館にお問い合わせください。

「劇場版 名探偵コナン ハロウィンの花嫁」15日公開

謎の組織に毒薬を飲まされ小学生の姿になった高校生探偵が、「江戸川コナン」と名乗って活躍する推理アクションアニメーション映画。過去作の興行成績が100億円に迫るドル箱シリーズの25作目だ。

今回はハロウィンの東京・渋谷で、コナンが凶悪な爆弾犯と対決する。前作「緋色の弾丸」(昨年)は、中盤からまさに弾丸のような速度で一挙に物語が動き、カタルシスをもたらした。今回は、冒頭から途切れることのない緊張の連続。おなじみのレギュラー陣の出番を抑え、子供だがただものではないとコナンを認識する大人たちを中心に物語を進める効果か。

その人気が、このシリーズの客層を一気に広げたとされるキャラクター、安室透(とおる)も活躍。最後にしんみりとした余韻を残す。

日本映画で、この規模のスペクタクルを描けるのは、やはりアニメしかないのか。脚本は、3回目の登板となる推理作家の大倉崇裕(たかひろ)。監督は、初打席の満仲勧(みつなか・すすむ)。白石麻衣が声で客演。心情を込めて熱演。

15日から東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田などで全国公開。1時間51分。(健)

「潜水艦クルスクの生存者たち」公開中

映画「潜水艦クルスクの生存者たち」(C)2018 EUROPACORP
映画「潜水艦クルスクの生存者たち」(C)2018 EUROPACORP

2000年、軍事演習中に実際に起きたロシアの原子力潜水艦「クルスク」の沈没事故を映画化。乗員118人のうち、沈没時に生き残っていた23人の運命を描いたヒューマンドラマ。

司令官(マティアス・スーナールツ)ら生存者たちは艦内の酸素が徐々に失われる中、救助を待ち続けた。しかし軍の隠蔽体質と、乗組員の命よりも国家の威信を優先させた政府が救助を阻んでいた。

緊迫した艦内の様子とともに愛する家族の無事を祈る家族の姿が痛々しい。監督はトマス・ヴィンターベア。ルクセンブルク製作。

東京・キノシネマ立川高島屋S.C.館や、大阪・シネ・リーブル梅田などで公開中。1時間57分。(啓)

「メイド・イン・バングラデシュ」16日公開

映画「メイド・イン・バングラデシュ」(C)2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES– BEOFILM – MIDAS FILMES
映画「メイド・イン・バングラデシュ」(C)2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES– BEOFILM – MIDAS FILMES

世界の繊維産業を支えるバングラデシュ。縫製工場の労働者の8割が女性で、一日10時間以上、週6日働いても、月の収入は日本円で1万円にも満たないという。

本作の主人公は裁縫工場で働く23歳のシム。劣悪な労働環境や低賃金を改善しようと夫や男性幹部、仲間の抵抗に遭いながらも労働組合の結成を目指して立ち上がる。3年のリサーチを経て、実話に基づき製作された。

監督・脚本はダッカ生まれのルバイヤット・ホセイン。フランス、バングラデシュ、デンマーク、ポルトガル合作。

16日から東京・岩波ホール、5月6日から大阪・シネ・リーブル梅田などで全国順次公開。1時間35分。(啓)

「味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?」15日公開

映画「味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?」ⓒ2022映画「味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?」製作委員会
映画「味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?」ⓒ2022映画「味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?」製作委員会

主人公の二本柳うつつは、イタコ(霊媒師)の祖母に育てられた青森の女子高生。後を継ぐことを拒否し、ある理由から卒業後は東京の下北沢で働きたい。

10代向けの青春映画の佳作。前半はシュールな味付けやアニメのキツネの登場などに戸惑うが、口寄せを始める後半は、うつつの抱える孤独や切ない恋の〝正体〟までを一気に見せて胸に迫るものがある。

監督の片山拓は写真家。初の商業映画。うつつを演じる仲本愛美(まなみ)は、恋愛リアリティー番組などに出ているモデル。白目をむく大胆な表情を交えてうつつの葛藤をよく表現している。タイトルのラーメンは、青森市のご当地グルメ。

15日から東京・T・ジョイPRINCE品川、大阪・梅田ブルク7などで公開。1時間53分。(健)

会員限定記事会員サービス詳細