大阪・高槻市立の全中学校で給食完全無償化始まる

完全無償化になった中学校の給食=大阪府高槻市内
完全無償化になった中学校の給食=大阪府高槻市内

大阪府高槻市は今月から、市立中学全18校で学校給食の完全無償化を始めた。中学生がいる世帯に子育てのための生活支援を行うことが目的。府内でも給食を完全無償化した自治体は少なく、市教委によると、北摂地域では初という。

対象の生徒は約8670人で、市は令和4年度、約4億5千万円を予算化。新型コロナウイルス禍で昨年9~12月の4カ月間の時限的措置で給食無償化を実施したことがあったが、今年度からは所得制限を設けずに全面的な無償化に踏み切った。

文部科学省の調査では、中学生を持つ家庭の年間学習費は小学生を持つ家庭より約1・5倍も多いことがわかった。そこで、子育て世帯への効果的な支援策として同市は中学生の給食費無償化実施を決めた。

無償化により、子供が希望する習い事に通わせられるなど学習環境の充実につながることに加え、教職員にとっても給食費の徴収や督促に割いていた時間を学習指導の準備などに充てることができる-といった効果が期待されている。

会員限定記事会員サービス詳細