呼気でコロナ検査、初許可 3分で結果・米当局

米東部メリーランド州にある食品医薬品局(FDA)本部(ロイター=共同)
米東部メリーランド州にある食品医薬品局(FDA)本部(ロイター=共同)

米食品医薬品局(FDA)は14日、呼気を分析することで新型コロナウイルス感染の有無を調べる初の検査機器に緊急使用許可を出したと発表した。小型のスーツケースほどの大きさで、感染した際に呼気に含まれる物質を検知する。結果は3分以内に出る。

FDAによると、約2400人が参加した試験では、感染している人の91・2%、感染していない人の99・3%を正しく識別できた。オミクロン株を対象にした試験でも同様の正確さだったという。この検査で感染が疑われた場合は、PCR検査で確定させる必要があるとした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細