岸田首相、「日本国際賞」受賞者と面会

岸田文雄首相=15日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相=15日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は15日、首相官邸で、新型コロナウイルスワクチン開発への先駆的研究で「日本国際賞」を受賞した米ペンシルベニア大のカタリン・カリコ特任教授、ドリュー・ワイスマン教授らと面会した。

首相は「地球環境や感染症など人類が直面する社会的な課題に解決の道を示し、人類に関する新しい知見や優れた情報通信技術により、豊かな社会の創造をもたらす大きな成果があった。今日までのご努力に敬意を表する」と述べた。

日本国際賞は科学技術を通じて社会に貢献した世界的な科学者に贈られる賞で、昭和56年に始まった。13日には東京都内で授賞式が開かれ、天皇、皇后両陛下が臨席された。

会員限定記事会員サービス詳細