大森南朋さん、山田孝之さんら出演 大河「家康」新キャスト

「どうする家康」の出演者。前列左から、松重豊さん、山田孝之さん、松本潤さん、広瀬アリスさん、大森南朋さん=15日午前、東京・渋谷のNHK放送センター
「どうする家康」の出演者。前列左から、松重豊さん、山田孝之さん、松本潤さん、広瀬アリスさん、大森南朋さん=15日午前、東京・渋谷のNHK放送センター

NHKは15日、令和5年放送の大河ドラマ「どうする家康」の新たな出演者を発表した。松本潤さん演じる主人公、徳川家康の家臣団のリーダーである酒井忠次を大森南朋さん、伊賀忍者を使い諜報活動をする服部半蔵を山田孝之さんが演じる。

2代将軍秀忠の母、於愛の方役は大河初出演となる広瀬アリスさんが務める。鳥居忠吉役のイッセー尾形さん、石川数正役の松重豊さんらベテランも脇を固める。

今回発表されたキャストは家康の家臣団が中心。松本さんは記者会見で「皆さんと、現代の視聴者が『こんなチームが自分たちの近くにあったらいいね』というチームをつくりたい」と述べた。

「どうする家康」は脚本家、古沢良太さんによるオリジナル作品で、家康の生涯を新たな視点で描く。

会員限定記事会員サービス詳細