傷害致死罪で母ら起訴 埼玉、5歳男児遺棄事件

埼玉県本庄市の住宅の床下から5歳男児の遺体が見つかった事件で、さいたま地検は15日、男児を暴行して死亡させたなどとして、傷害致死と死体遺棄の罪で、母親の派遣社員、柿本知香容疑者(30)、同居の無職、丹羽洋樹容疑者(34)、無職、石井陽子容疑者(54)を起訴した。

起訴状によると、3人は今年1月18日、柿本被告の長男歩夢ちゃん(5)を畳に投げ倒し、後頭部打撲による脳幹損傷で死亡させ、同19日ごろには自宅床下に穴を掘って遺棄したとしている。

3月2日に本庄市から県警に「男児の安否確認ができない家庭がある」と連絡があり、5日に遺体を発見、死体遺棄容疑で柿本被告らを逮捕。その後、傷害致死容疑で再逮捕していた。

会員限定記事会員サービス詳細