近鉄、27年ぶり運賃値上げへ 初乗り160円→180円に 国交省に申請

世界遺産の平城宮跡近くを通る近鉄奈良線の車両=奈良市
世界遺産の平城宮跡近くを通る近鉄奈良線の車両=奈良市

近畿日本鉄道は15日、来年4月から運賃を平均17%値上げするとの内容で、国土交通相に運賃改定を申請したと発表した。消費税増税を除くと運賃改定は平成7年9月以来という。

近鉄は、新型コロナウイルスの影響で経営環境が悪化しており、「不断の経営努力をもってしても、収入減少を補うことは困難」としている。

近鉄によると、普通運賃ではこれまで約1~3キロで160円だったのが、申請運賃では180円。同じく約51~55キロの840円が、千円となる。

定期では、通勤で18・3%、通学では9・2%の値上げになる。特急料金に変更はないという。

会員限定記事会員サービス詳細