米FRB副議長にバー氏 大統領指名、元財務次官補

バイデン大統領(ゲッティ=共同)
バイデン大統領(ゲッティ=共同)

バイデン米大統領は15日、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融規制担当の副議長に元財務次官補のマイケル・バー氏を指名すると発表した。当初起用を目指したラスキン元FRB理事は米議会上院での反対が強く、3月に人事案を撤回。議会での承認が得られやすい候補を検討していた。

バー氏は現在、ミシガン大公共政策大学院学部長。オバマ政権時代に財務次官補を務め、世界的な金融危機リーマン・ショックを踏まえ、規制を大幅に強化した金融規制改革に携わった。バイデン氏は声明で「バー氏は米経済の安定を守るために重要な役割を果たす」と強調した。

FRB人事をめぐっては、パウエル議長の再任やブレイナードFRB理事の副議長昇格、理事候補2人の議会承認が滞っている。バイデン氏はバー氏を含め、迅速に承認手続きを進めるよう上院に要請した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細