Vリーグ女子決勝がコロナで中止  優勝は久光

JT―久光 第4セット、スパイクを決める久光・井上愛(左)=静岡県草薙総合運動場体育館
JT―久光 第4セット、スパイクを決める久光・井上愛(左)=静岡県草薙総合運動場体育館

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は15日、千葉ポートアリーナで16日に予定されていたプレーオフ女子決勝第2戦のJT―久光を、両チームから新型コロナウイルス陽性者が出たため中止すると発表した。第2戦は「勝敗を付けない」扱いとなり、10日の第1戦を制した久光が3季ぶり8度目の優勝となる。JTは3連覇を逃した。

Vリーグ機構は「再び感染者が増加し始めている社会状況の中で、全ての方々の安心と安全を考慮すると、苦渋の決断ではあるが中止の判断をした」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細