中国住宅価格、38都市下落 3月、市況持ち直し傾向か

中国・上海市=2月(ロイター)
中国・上海市=2月(ロイター)

中国国家統計局が15日発表した3月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち38都市で前月と比べ下落した。下落の都市は2月から2都市減った。中国恒大集団などの経営危機で不動産市場が低迷しており、各地の地方政府が購入規制の緩和を加速させている。市況が持ち直す可能性もある。

大都市の広東省広州市でも下落。他の下落は地方都市が多かった。首都北京市や上海市は上昇した。

習近平指導部は住宅への投機を戒める方針を堅持している。だが中国経済の下押し圧力を背景に、地方政府が再び不動産への依存を強めており、バブルを助長する懸念もある。一方、エコノミストからは近年の市場の混乱を受け「買い手がいない」との指摘も上がる。

恒大は各地で住宅建設を再開しているが、財務問題を抱え香港市場での株取引停止が続いている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細