谷口「臨機応変に」 WBOミニマム級初防衛戦

記者会見でポーズをとる、WBOミニマム級王者の谷口将隆=2月22日、横浜市
記者会見でポーズをとる、WBOミニマム級王者の谷口将隆=2月22日、横浜市

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(22日、後楽園ホール)で初防衛を目指す28歳の王者、谷口将隆(ワタナベ)が15日、オンラインで取材に応じ「調整は予定通りで体調も非常にいい。相手の全てを警戒し臨機応変に闘っていく」と落ち着いた表情で意気込みを語った。

挑戦者で同級5位の25歳、石沢開(M・T)は強打が自慢。谷口が判定勝ちした2019年9月以来の対戦となる。その時の映像を見直し「参考にしていない。別人のような強さになっていると思う」と警戒する。

昨年12月の王座獲得後は食事面を改善。減量では貧血対策として鉄分を摂取することを心がけ、順調という。「相手を気持ちよく闘わせることなく勝ちきれれば」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細