ハーブと暮らす

好みの「香り」を育てよう

このコロナ禍で、ハーブ園芸を始めたという人が増えています。どんなハーブを育てようか-。一般的には、料理や暮らしに活用できる「便利さ」で選びがちですが、私がおすすめしたいのは、「香り」を基準に選ぶこと。実際に園芸店などを訪れて苗と触れ合い、好みの香りがするものを見つけてみましょう。

そこで私が独自に分類した、おすすめの香りの系統を3つ、ご紹介します。

1つは、お花のように華やかな「フローラル系」の香り。ローズゼラニウムや、花ではないものの葉が華やかに香るアロマティカスなどです。爽やかさを好むならオレンジやレモンなどの香りに似た「シトラス系」を。アップルミントなどの「甘いフルーツ系」もおすすめです。

朝、ハーブに水を与えるとき、葉を手でなでると心地のよい香りが広がります。今ではインターネット通販で苗も簡単に手に入りますが、実際に手に取り香りを確かめて選べば、より愛着も湧き、大切に育てたくなるはずです。

(ハーブコンシェルジュ 小早川愛)

会員限定記事会員サービス詳細