飯沢が大会新でV 日本学生個人陸上第1日

男子1500メートルで3分44秒54の大会新記録で優勝し、ポーズをとる飯沢千翔=レモンガススタジアム平塚
男子1500メートルで3分44秒54の大会新記録で優勝し、ポーズをとる飯沢千翔=レモンガススタジアム平塚

陸上の日本学生個人選手権第1日は15日、神奈川県のレモンガススタジアム平塚などで行われ、男子1500メートルは飯沢千翔(東海大)が3分44秒54の大会新記録をマークして優勝した。

男子110メートル障害は村竹ラシッド(順大)が2・6メートルの追い風参考となった決勝を13秒43で制した。女子100メートル障害は玉置菜々子(国士舘大)が追い風0・5メートルの決勝を、昨年自身がマークした大会記録に並ぶ13秒30で連覇した。

世界ユニバーシティー大会の代表選考会として行われた1万メートルの女子は小林成美(名城大)が33分21秒48で制した。

会員限定記事会員サービス詳細