サッカー森保監督がコロナ感染 欧州視察中のドイツで

森保一監督
森保一監督

日本サッカー協会は14日、日本代表の森保一監督が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。森保監督は1日にカタール・ドーハで開催されたワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会に出席。そのまま欧州入りし、日本選手らの視察を行っていた。

日本協会によると、13日に滞在先のドイツで喉に違和感を覚え、抗原検査をしたところ陽性判定が出た。同じく欧州視察をしていた反町康治技術委員長も14日に滞在先のスペインで同様の症状があり、陽性だった。いずれも体調に問題はなく、滞在先のホテルで療養に努めるという。

会員限定記事会員サービス詳細