フォト特集

看板アナらに豪華住宅 北朝鮮、金正恩氏が設計

13日、平壌の普通江川岸階段式住宅区の竣工式に参加し、朝鮮中央放送アナウンサーのリ・チュンヒさん(左)の新居を訪問する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
13日、平壌の普通江川岸階段式住宅区の竣工式に参加し、朝鮮中央放送アナウンサーのリ・チュンヒさん(左)の新居を訪問する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

北朝鮮メディアは14日、首都・平壌の普通江のほとりに建設された住宅街の竣工式が13日に開かれ、金正恩朝鮮労働党総書記がテープカットをしたと報じた。「国の発展に尽くした功労者」のため金正恩氏が自ら設計した最高級の「豪華住宅」だと伝えている。

朝鮮中央テレビで金正恩氏の動静報道を担当する看板アナウンサー、リ・チュンヒ氏らに提供されるといい、金正恩氏は式に出席したリ氏の新居を訪れて記念写真を撮影した。15日の故金日成主席生誕110年の記念日を前に、政権の核心層が恩恵を受ける姿をアピールした。

金正恩氏は、リ氏が50年余り「革命のマイク」を握ってきた「党中央の報道官」だとたたえ「リ・アナウンサーのような国の宝のためなら惜しむものがないというのが党の真心だ」と述べた。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細