米超党派議員団が訪台 中国は反発

14日、台北市の空港に到着した米議員ら(台湾外交部提供・共同)
14日、台北市の空港に到着した米議員ら(台湾外交部提供・共同)

【台北=矢板明夫、北京=三塚聖平】米共和党のグラハム上院議員を団長とする超党派議員団が14日夜、台北市内の松山空港に到着した。台湾メディアによると、議員団には、民主党の上院外交委員長のメネンデス氏ら上下両院の議員6人が含まれる。15日に蔡英文総統と会談する。

ペロシ下院議長が10日に複数の議員と一緒に台湾を訪問する予定だったが、新型コロナウイルスに感染したため訪問を延期。台湾の外交部(外務省に相当)によると、ロシアによるウクライナ侵攻への対応に追われる中、米議員団の来訪は台湾への支持の表れだ。

一方、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は14日の記者会見で、「いかなる形式の米国と台湾の公的往来にも断固として反対する」と反発。「中国は引き続き有力な措置をとり、国家主権と領土保全を断固として守る」と警告した。

会員限定記事会員サービス詳細