札幌、蔵王でW杯ジャンプ スキー来季暫定日程発表

小林陵侑(共同)
小林陵侑(共同)

国際スキー連盟(FIS)は13日、2022~23年シーズンのノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプの暫定日程を発表した。男子は11月5日にポーランドで開幕。日本では来年1月20~22日に札幌で3連戦が組まれた。

女子は12月3日にノルウェーで始まり、来年1月7、8日に札幌で2戦、13~15日に山形市蔵王で3戦が行われる予定。新型コロナウイルスの影響で、男女とも日本開催のW杯は2季連続で中止となっていた。日程は5月の会議を経て正式に決まる。

女子では参加人数を制限するためW杯には含まれないが、200メートル前後を飛ぶフライングヒルでの試合を初実施することも公表された。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細