ウクライナ支援コンサート、横浜で5月開催

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

神奈川県は14日、「ウクライナ人道支援チャリティー・コンサート」を5月に開き、同国の民謡などを演奏すると発表した。チケット代は全て、ウクライナからの避難民らのために寄付する。

横浜市の神奈川県民ホールで5月8日に開催し、ショパンやシベリウスの楽曲も披露。神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ウクライナ出身のソプラノ歌手、オクサーナ・ステパニュックさんも参加する。

当日は黒岩祐治知事も寄付を呼びかける予定。黒岩氏が3月、多数の避難民を受け入れているポーランドの駐日大使と会談し、協力して慈善コンサートを開く方針を確認した。

会員限定記事会員サービス詳細