ソフトバンク野村勇、打撃と足で勝利に貢献

8回、ソフトバンク・牧原大成の打球でソフトバンク・野村勇が生還する=ペイペイドーム(撮影・村本聡)
8回、ソフトバンク・牧原大成の打球でソフトバンク・野村勇が生還する=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

ソフトバンクは14日、ロッテ戦で野村勇が持ち味を存分に生かして勝利に貢献した。一回は「ルーキーなので怖いもの知らずで」と1死から初球の速球を振り抜くと、打球は中堅の頭上を越し快足を飛ばしてプロ初三塁打をマーク。中村晃の適時打で、チームとして4試合ぶりに本塁を踏んだ。

さらに四球で出塁した八回は、1死からグラシアルの右前打で再び三塁に進む。続く牧原大の当たりは前進守備だった遊撃手の正面を突いたが、迷わず突っ込み、ヘッドスライディングで貴重な追加点。「足は武器だと思っている」と意気揚々だった。

会員限定記事会員サービス詳細